ドクターリセラ社は、石油系合成界面活性剤を使用しない製品づくりをしています。

上の写真は、貝割れ大根を石油系合成界面活性剤使用の弱酸性洗顔料で栽培した結果です。
下の写真は、貝割れ大根を石油系合成界面活性剤を使用しない洗顔料で栽培した結果です。

界面活性剤は、洗浄効果を出したり、油脂と水を分離させないために必須なものです。界面活性剤自体は人体にも存在し、大変優れた機能を持っており、決して悪いものではありません。肝心なのは、界面活性剤の種類なのです。
【 界面活性剤の種類 】
◉自然界に存在する天然素材の「界面活性剤」
◉石油から合成された(石油と硫酸を化合)「石油系合成界面活性剤」

石油系合成界面活性剤には驚くほどの浸透力があり、体内のさまざまな場所でたんぱく質を破壊します。
一般的なシャンプーや歯磨き粉を使うと、頭皮、頭髪、舌の細胞などが傷つけられたり、肝臓障害などの原因になりうると指摘されています。
これは、石油系合成界面活性剤の2つの性質『たんぱく変性作用』と『皮膚からの強力な浸透力』に起因しています。

皮膚から異物が浸入すると、肌荒れ、湿疹、アトピー、痒みなどの症状がおこります。
これは、体の本来の防護機能が弱まっていることを示しています。この状態が長く続けば内蔵にも悪影響を及ぼすことは容易に想像できます。
そして、この石油系合成界面活性剤が分解されにくいという点で、自然環境にも問題をおよぼしているのです。

シャンプー、洗剤、化粧品などは、石油と硫酸を化合した「石油系合成界面活性剤」を使用しているものが多く存在しています。
ドクターリセラ株式会社は、石油系のものは一切排除し、石油系合成界面活性剤を使用しない製品づくりをしております。
石油系合成界面活性剤を使用しない製品は、お肌にやさしい製品であると同時に、自然環境にもやさしい製品でもあります。

ドクターリセラ株式会社は、自然の恵みに感謝し、平和な地球を守る(Save the Earth Peace)を合言葉に、安全で結果の出る製品づくりを目指しています。

powered by crayon(クレヨン)